So-net無料ブログ作成

宮崎順子先生のレッスン&「私の針仕事展」&「ぐりとぐら」展 [おでかけ]

一年ぶりのご無沙汰でございます、行ってきたぜ広島!

4年連続で参加してる宮崎順子先生のOne Day Lesson。
今年は「チュールのフリンジがキュートなバッグ」。
リバティプリントとベージュの無地のラティスを組み合わせて作る、
バケツ型の小さなバッグです。

かわいいんだ、これが!
宮崎先生らしいプリントのチョイスと、フランスのアンティークリボンを組み合わせて
シンプルなピースながらもラティスが細かいからか、なかなか凝った印象。
今日はしるし付けや布のカットくらいでお時間となりましたが、
今週がんばって一気に仕上げようと思います。
じゃないと、絶賛放置プレーになってしまう^^;
去年の、まだ全然やっつけてないし^^;

101_6205.jpg

そしてこちらももちろん見てきました、「私の針仕事展」
気のせいかもしれないけど、若干、作品数が少ないような・・・

でも、やっぱり見とれてしまうのが多いですね。
私はトラディショナルなパターンを活かした作品が好きなんだけど、
どストライク^^;なパターンやシンプルな色使いの大作が多かったです。
鷲沢玲子さんのグループのは、どれも春~初夏を思い起こさせる、
爽やかな印象の作品でした。
三浦百恵さんのもばっちり見てきました。
いつも大胆な色使いの印象があったのだけど、今回は割りとシンプル。
だけど遠目からでもはっきり分かる、とても丁寧で誠実な作りでした。

あと季節ごとの風物詩をモチーフにしたキルト額絵、
お針箱、お節句の作り物、押し絵も。
ちりめんは扱いが難しそうだけど、少しやってみようかしら。
毎年少しずつ作ってったら、10年たったらかなりの数になりそうだわね。

それから布探し。
この前のサークルでのアドバイスを活かすべく、むら染め布を探してみることに。

101_6206.jpg

こちらはステンドグラスキルト?っていうのかな、それ用の布。
むら染めを探してみたのだけど、リバティに比べるとやっぱり厚手が多くて。
それと小さなサイズのカットクロスも案外なくて。

で、うろうろしてて、初めて触る傾向の布だけど、グラデーションがきれいだったので、
少し固いかな?と思いつつ、とりあえず買ってみた。

それと宮崎先生のショップも覗いて、リバティで探す。
やっぱりはっきりとした柄が多いのだけど、その中から4点選んでみました。

101_6209.jpg

無地でもないしむら染めでももちろんないんだけど、多色ではないから、
むら染め的に使えるかも・・・
さて、どうなりますやら。

お昼を食べてから、すぐ近くにあるひろしま美術展へ。
去年から待ってた「ぐりとぐら」展。

挿絵の原画や複製画ってあんがい小さい作品だったりするんだねぇ。
一見、私でも描けそうに見えるけど、おっとどっこい、こんなに動きがあって
柔らかくて、細かい線も要求される技術はやっぱり見事です。

私自身は「ぐりとぐら」よりも「いやいやえん」から入ったクチなんで、
その原画も見られて感激でした。
未だにとってあるもん、「いやいやえん」。
何度読んだことか。
実母がお土産にって買ってきてくれた日のこと、はっきり覚えてるし。

そういえばドラ息子にも「ぐりとぐら」「ぐりとぐらとくるりくら」を
何度も読み聞かせしたけど、あんまり興味持たなかったなぁ。
彼が何度も読んでとせがんだのは、林明子さんの「はじめてのおつかい」
題名忘れちゃったけど、小さな虫の父と子がおばあちゃんの家に行くお話。
ドラ息子はダンゴムシやアリの話がムチャクチャ好きで、
図書館でもいつも同じものを何度も借りたっけ。
あれだけ読んでやったのに、ちっとも読書癖が付かなかったのは、
「Mr.ビーン」のビデオのおかげかも知れない…(TT)

101_6210.jpg

物欲に負けて、ポストカードと折り紙買っちゃった。
「いやいやえん」のも作って欲しいじょ。
小さなリュックとかマグカップとかクレヨンとかお絵かき帳とか。
使いもしないのに、きっと片っ端から買いそうな気がする。


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

シェイディッドフライングキース その2 ええ~~っ [パッチワークキルト]

シェイディッドフライングキース、少し進みました。

image14.jpg

昨日がサークルの日で、先生や先輩方に見ていただいたのですが、新提案も。

無色のラインだけじゃなくて、むら染め的な、ぼかしのある色の布のラインも
あってもいいんじゃないかと。
例えば紫とオレンジの間に暖色系の、主張しすぎない色のラインで
繋がりを入れてみるとか。

・・・な~るほど!

最初は布を増やさないように、持ってるリバティの全てを使い切るような気持ちで
スクラップキルトのようなものをつくろうと思ってたのですが、
なるほど、それもアリだな・・・と。

・・・ということは、また布を買えと^^;
イヤン、エンドレスだわ。

今のところ、周囲のボーダーを入れても横1m、縦も1m30cmくらいを
想定していたのですが、
「どんどんつなげて2m級にしなさいよ! 映えるわよぉ!」

・・・えええええ~~~^^;

とりあえず、月末に広島そごうである「私の針仕事展」、
宮崎順子先生の講習会に出かけてくるので、その時にリメンバーキルトや
キルトマーケットを覗いてきます。

リバティにそんな布があるといいんだけど。
何しろ生地が薄いからね、他のメーカーの布と明らかに違うから、難しそう。

私の針仕事展、招待券が5枚あります。

お入用の方おられましたら、コメントください。


コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

歌舞伎を見に行ってきました [おでかけ]

佐賀から帰ってきた翌日、松竹大歌舞伎・猿之助中車襲名披露公演を見てきました。

101_6204.jpg

チケットを取ったのはもう2ヶ月も前。
巡業で松山にも来ると分かって、チケット松竹に発売時ピッタリにアクセスしたけど
ものの数分でsold out。
あうあう~~(´;ω;`)と泣いてたら、今度は生協のチケット部門でも発売と。
そうそう、こういうプロモーターとかの枠もあるから、最初は取れなかったのよね。

・・・電話が繋がらねぇっ!!
やっとこさっとこ繋がったら、当日の昼の部の残り一枚だった!!
ああ、神様、ありがとうございます~~~(´;ω;`)

演目は中車が「小栗栖の長兵衛」、猿之助が「義経千本桜・川連法眼館の場」
初心者なのでイヤホンガイドを借りたけど、結局どちらもいらないくらい、
特に「小栗栖の…」の方はとてもわかり易いセリフ回しだし、
「義経…」の方も場の哀しい雰囲気や猿之助の早技が見もので、
あっという間に時間が経ちました。

歌舞伎は実に22年ぶり。
前は東京の国立劇場で、当時の海老蔵・玉三郎・勘九郎の共演。
初めての私にはちょっと難しかったけど、舞台から5~6列目くらいだったので、
役者さんの息遣い、一挙手一投足が触れそうなくらい近くて、迫力満点。

今回は小さいホールとはいえ、2階席の2列目。やっぱり遠かった^^;
確かに役者さんの顔は小さくて見えなかったけど、すぐにそんなこと忘れました。
わかりやすい話だというのもあったけど、ぐいぐい引きこまれましたね。

個人的には「小栗栖の…」で巫女を演じた春猿さんがツボでした!(^^♪

さて面白かったのは緞帳
image10.jpg
普段は愛媛県文化会館(通称ひめぎんホール)小ホールはこれ

image12.jpg
それが歌舞伎公演だとちゃんと定式幕

そして福山雅治から送られた幕も!
image13.jpg
口上の前後のどちらかに引かれてました。
これが登場した時の会場は、どよどよ~~、続いて「わぁ~~」
そして鳴り響くケータイ・スマホのシャッター音^^;

101_6201.jpg

役者さんの名前入りグッズとかには興味が無いけれど、ついつい甘いモノは買ってしまった。
どら焼きと小さなチョコボール。
チョコボールは白い糖衣でくるまれたのが2個入ってて、
包装に招き猫が印刷されてるので、ぱっと見、本当に招き猫型のチョコだと思ってしまった。

大歌舞伎はめったに無いから、いい経験となりました。


コメント(2) 
共通テーマ:演劇

佐賀に「帰って」きました! [おでかけ]

先日の連休、高校卒業30周年記念同窓会があり、久々に佐賀に帰ってました。
両親も実家もありませんが(実父は存命ですが絶縁状態なので)、
やっぱり佐賀へは「行く」ではなく、「帰る」です。

なかなか帰る機会はないので、この際なんで会いたい人に会っておこう…と、
思い浮かんだのは小学校の恩師。
今から15年位前に卒業記念に埋めたタイムカプセルを掘り返す会があったのですが、
義父の入退院や他界などがあって行けず終い。
聞けば当時の担任の先生はお元気でいらっしゃるとのこと。
一番充実していて思い出深い学年であり、また心に残る先生だったので、
友人と二人で訪ねることにしてました。

まずは懐かしの小学校へ。 佐賀市立勧興小学校です。
当時は1学年40人超え4クラスだったのに、市の中心部が寂れるにつれ
児童数も減り、少子化もあって、今では1~2クラスだとか。
でも今でも小学校の質というか、評判としては良いようです。

image5.jpg
ちょうど校舎立替の時期に卒業したので、記憶に残るのは当時で築30数年の
おんぼろ木造校舎だったりします。
新しかった校舎もすでに築37年。だいぶん古く見えました。

逆にあれだけ年数が経ってるのに変わってないのは運動場の遊具!

image2.jpg image3.jpg

image7.jpg 

肋木に古タイヤのブリッジに鉄製の遊具あれこれ。
多少位置が変わってるものの、見覚えのあるものばかり。
えっ、30数年経ってても現役!? 
特に木製のシーソーは絶対40年は経ってる!!

image6.jpg

それから隣接する中学校へ続く小道。 クリークを遮るようになぜか繋がってた。
当時は申し訳程度の門のようなものがあったけど、今はしっかりと鉄製のものに。
よくお互いのボールが転がって来てやりとりしてたものです。
私はこのあたりの雰囲気が隠れ家みたいで好きで、ちょっとした囲いを樹の枝で作っては
秘密基地だったりガラクタを隠したりする場所にしてました。

写真に撮ってないけど、プールも現役。
小さい時に川で溺れて以来、水に入るのが怖かったけど、小2でやっと一人で浮いて
克服してからは、プールは好きだったなぁ。
絶対に選ばれるはず無いのに、クラスではやや速かったので、市の水泳大会の
強化児童に選ばれて、特訓させられたり。
スイミングスクールに通ってる子が選ばれるって分かってたのに、何でいつも
残されて泳がされてたんだろう。ブツブツ・・・

そして卒業記念の塔?というのか、レリーフというのか。


image8.jpg自画像を彫ったレンガを貼り付けてあります。

この中には卒業文集や当時の新聞、そして大人になったら皆で飲もう!と洋酒、
そんなものを収めたタイムカプセルでもあります。
当時の設置場所からやや移されたのか、下の方はずいぶんの土の中に埋もれてました。
自分のレリーフはよくわからなかった^^;
この反対側かな? 一番下では無かったように思うけど。

この上にはこの石碑も建てられてます。
image9.jpg
ちょっとわかりにくいけど
「勉強はベストをつくし 運動はくたくたになるまで」

私達が在籍中に作られたスローガン。 懐かしいですね。
今でもこの言葉は現役だそうです。
これを聞くと、ああ勧興小学校だぁ~、としみじみします。

友人とその後は飲みなながら食べながら、懐かしい話で3時間半も粘った^^;
小中での一番の親友。
小5から金管バンド、中学では吹奏楽部と、ずっと付き合ってきたので、
それらにまつわる思い出、先輩後輩の現在など、話は尽きません。
久しぶりに佐賀弁でしゃべりまくって、時が経つのを忘れてました。

次の日はランチを共にして、恩師宅へ。
旧古賀銀行の建物内にあるレストランで・・・って言ってたけど、なんとその日は
音楽会の催し物があってレストランは休業。

101_6195.jpg

こんないい雰囲気のレンガ作りなんですよ。 残念!
でもそのすぐ向かいにある自然食のお店で、体にやさしい食事を摂りました。

この辺りは狭い道路ですが旧長崎街道でして、その昔は大変栄えたところなんです。
いまでもその面影を残した古い建物が残っており、景観を守る動きもあります。
お雛祭りの頃は古い雛人形を飾ったり、いい雰囲気だそうです。

101_6196.jpg
101_6197.jpg

ここから10分ほど歩いたところに恩師宅があります。
訪問するのは初めてだったけど、事前に友人が地図で見当をつけてくれてて
すぐにわかりました。

先生、少しも変わってらっしゃらない!
確かにお年はめされたけど、お顔は全然変わってない。
正確なお年は知らないけれど、おそらく80歳近い。

私達が最初で最後の卒業年を担任したクラスだったそうで、
私の名前も、もちろん知人も、クラスのこともよく覚えていて下さった。
雪の降る中、半袖でサッカーしたこと、
その後、ストーブのあった職員室で皆で温まったこと、
道徳の時間を使って、一年掛けて「ああ、無情」を読み聞かせしてくださったこと、
クラスのちょっとしたエピソードや、実は裏で先生がご苦労された話、
本当によく覚えていてくださってありがたかった。

他に会いたいと思う先生がいない訳ではなかったけど、何は置いても
このY先生にはなんとしても会いたかったので、それが叶って、ただただ嬉しかった。
記念に・・・と先生がお好きな詩と小筆を頂戴した。
そうそう、小6まで書道教室に通って、曜日を変えたらY先生も同じ教室にいらしてて、
「クラスのみんなには内緒ね^^;」なんてこともありましたね。

少し前に転倒した拍子に左手を骨折なさったそうだが、それまでは週に2~3回は卓球を、
そして今でも書を趣味としてらして、本当にお元気そうなご様子だった。
私達が帰る時も、姿が見えなくなるまでずっと見送ってくださってた。
本当に本当に嬉しい一時でした。

その後は高校の同窓会へ。
卒業30周年の記念同窓会。毎学年、行われてきてまして、今年はいよいよ我々の番。
ホントは前日から各種催し物があったのだけど、小学校の友人の方を
優先したかったので、本会からの参加。

いやぁ、こちらも30年のブランクをあっという間に超えましたね。
女性は結構変わっちゃったというか、綺麗になった人が多いけど、
(私は思い切りデブった^^;)
やっぱり面影は残ってて、すぐに高校生に戻っちゃいました。
こんなに長く会ってなかったのが不思議なくらい。
Facebookでもやりとりしてたのもあって、現役の時はそう喋ってなかった男子とも
なんの違和感もなく思い出話に花が咲き。
お互い、いい歳になったんだねぇ。しみじみ。

101_6199.jpg

我が高校は旧制中学からの130年以上の歴史があって、学校祭の前夜祭で女人禁制の
ストームがあります。
3年生のリーダーが1~3年の各クラスについて、旧制を含めて全国各地の寮歌、
応援歌を30曲ほどストームの周りを走ったり囲んだりしながら歌います。
バンカラという語がぴったり。この時期になると、急に3年生はヤンキー化?します。
男だけのお祭りではあるけれど、応援歌くらいは女子も仕込まれます。
結構おぼえてるもんですね。
30年来の夢がかなって?、この日は女子も肩を組んで輪になって校歌と応援歌を
熱唱できました。 なんでも女子も参加したのはウチの学年が初だったとか。
わりと自由な校風ではあったけど、更に輪をかけた学年でもあります。
個性豊かで、勉学もクラブ活動も活発で、プロの芸術家が何人もいます。
職業も様々で、衆議院議員や准教授、実業家もいるし、女子も仕事を続けてる人が多数。
大手都銀で女性初の支店長になった子もいます。
ほんと、バラエティにとんだ学年です。

2次会、3次会としゃべり続けて、喉が痛くなったほど。
それでもまだ足りない! 
170名が参加するような大きな会はもう無いだろうけど、地域別には5年後、10年後に
開催予定なので、またその時には必ず元気で会おうね!と約束。

やっぱり友達っていいな。あっという間に18歳に戻れました。

また佐賀へ帰るのはいつになるかわからないけれど、
でもまたすぐに会えるような、たとえまた長く会えなくてもすぐに前に戻れるような、
そしてこれからも元気でいよう!と思わせてくれる再会でした。



 


コメント(7) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。