So-net無料ブログ作成
検索選択
小さなアンティーク達 ブログトップ
前の10件 | -

ニードルキャビネット キター! [小さなアンティーク達]

ず~~~~~~~~~っと憧れてたアンティークのニードルキャビネット、                                     ついに、ついに、やってきました!!

img5a183ad9zik5zj.jpg

あうっ、あうっ、感涙ッス[たらーっ(汗)]

100年ぐらい前の、イギリス製です。                                                             いったいどちらのお店で使われていたのでしょうか。

引き出しの取っ手の三角リングオリジナルのままだそうです。                                                うっとり~~~

imgcff0b065zik9zj.jpg

あちこち痛みもあるし、汚れもあるけれど、はるばる海を越えて我が家にやってきてくれた                              感激で胸がいっぱいです。

木肌を生かすべきか、はたまた艶を出すためにワックスか何かを施すか、                                   オリジナルのままに残した方がいいのか、考えがまとまりませんが、                                               さらに何をしまおうか、本当にワクワクしてます。

この頃ちょっとイライラしたり落ち込んだりすることが度々だったのですが、                                      これが届いたことでそれも吹っ飛んでしまいました。

へへへへへへへへへへっ、何入れようっかなぁ~~~♪


nice!(0)  コメント(3) 

私のお針箱 [小さなアンティーク達]

私が普段、針仕事の基本セットを入れているのは、アンティークのティン缶です。

imgc3cb19fezikazj.jpg

ずっと前にアンティークショップで購入しました。                                                                    どうも数が多く出回っているものなのでしょう、オークションなどでも度々見かけます。                                          もう8年ほど使っているので、だいぶん色あせや錆びなんかも出てきてはいますが、                                        大きさといい、深さといい、柄といい、やっぱり一番のお気に入りです。

昨日のこうの早苗先生の講習会にも持っていったのですが、テーブルに出していたら                                         先生が「アンティーク? すてきねぇ・・・」ってじっと眺めてくださってました。                                        うう、感激っす。 そういえば宮崎先生の講習会でのお目に留まったこともあったっけ。                                                 針仕事の出来よりもそちらでのみ先生に誉めてもらってます。 トホホ

あ、そうそう、今月号の「キルトジャパン」の『私の針仕事』に載っている鳥居啓子さんも                                        同じものを持ってらっしゃるようです。 ちょっとびっくり!&感激。

こうの先生のお針箱は、マドレーヌか小さな石鹸でも入ってたって感じの、木製の小さな                                            長丸型の箱でした。 少し擦れがあって、チェック柄で中央に小さなバラのブーケが                                       描かれてました。 もしかしたらフランス辺りのアンティークかもしれませんね。                                             他の生徒さんと「先生のお針箱の中身はどんなの??」って、拝見させてもらいましたら、                                   長く使い込まれたって感じの小さいピンクッションをはじめ、一番基本的な道具が                                                  ちょことんと入ってました。                                                                                 写真撮っておけばよかった・・・

img07f5cf2fzik2zj.jpg

ちなみにこれは私のお針箱の中身です。                                                                             左のピンクッションには大量のまち針を、中央の白っぽい小さいのには縫い針各種を、                                     あとは「SAJOU」で買った鋏、ドラ息子が小学校の家庭科で購入した裁ち鋏、                                               (これがなかなか軽くて切れ味もいい!)、それからライン引き用に鉛筆など各種、                                             白、ベージュ、赤、紺の縫い糸、シンブルっといったものです。

クロスステッチのときは別のものを使ってます。 これもまたいずれ・・


nice!(0)  コメント(2) 

フランスのアンティークファブリック [小さなアンティーク達]

フランスの古い布、リネンと綿を混紡させたような手触りの、小さいはぎれを買いました。

                                                                      左側のは100年くらい前のものらしいです。 ・・・本当だったら、それだけで嬉しい!                                        日本のものも100年も前のものがきれいに残ってるのって、和の布裂とか言うんだっけ?                                それくらいしかイメージできない。                                                                    きれいに水通しされていて、ちょっと「ざっくり」感もいい具合です。

さらにイニシャルモチーフも追加。

                                                       トップにリボンがついているデザインがかわいらしくて、衝動買い。                                                   中に5枚入ってました。

ちなみに3点で約¥7000なり~~~ 久しぶりの衝動買いです。 ←ウソ!                                             ついこの間、SAJOU三昧したばっかりでないかい!!

そんな物欲まみれの私に、愛のムチを! →


nice!(1)  コメント(0) 

戦前のミニチュア [小さなアンティーク達]

もう1年位前に手に入れたものなのですが、戦前の日本のミニチュア・・・といいますか                                       ソーインググッズとドレッシング・・・とカタカナで外国風にすると中途半端な感じですな。                                                   お裁縫道具とお嬢様セット・・・・ああ、語彙力不足が哀しいorz

                                        もうボロボロになった木製の小箱。 枠も取れてるし残った木片も割れてますが                                          反ってそんな状態の悪さが嬉いフェチです。

                                                           これなんて和のものだけど、こういう糸巻きって西洋アンティークにもありますね。

                                                       和裁って言葉がそのままピタっと当てはまる道具達です。

                                                     止めてある糸もボロボロですが、櫛やリボン香水かお化粧水が入ってるような                                      小さい小さいガラス瓶が、いつの時代もお嬢さんというのはこういうのが好きなのよねぇ                                      ということを実感させます。                                                                       ところで左端の糸が巻きつけられた棒、これが何かがわかりません。                                            何に使うよなものなのだろう。

20cmくらいの小さい箱の中に、女の子の憧れが入ってます。                                                    戦前という時代、そのものがなんだか嬉しかったりします。                                                     どこでどんなお嬢さんが持っていたのでしょうか。 つい「戦火をくぐった」的な感傷で                                           見てしまいますが、時代を超えて、かわいらしいものを集めて大切にしていた女の子の                                    想いを共有できているような気がしてます。

いつもありがとうございます! →


nice!(1)  コメント(0) 

アンティークイニシャルレースモチーフ [小さなアンティーク達]

私の名前のイニシャルは「R」なのですが、実際に刺しゅうしてサマになるのは「M」かな?                               でももちろん「R」も大好きです。

これまで仕上げたクロスステッチにもいくつかつけてますが、どこかで見つけたら必ずといって                                  いいくらいに「補充」してしまうのが、イニシャルのレースモチーフです。

                                                              今回は苗字の「S」との組み合わせのものも見つけました。                                    

ステッチした布やデザインによってはこのレースモチーフが合わないかな?と思うことも                                  あるにはあるのですが、自分の名前をステッチすると、今度は全体的なバランスも                                              とれなかったりするので、隅っこにサイン代わりにちょこんとこれがあると、                                            ちょっとかわいらしく見えてきます。

ステッチだけでなく、今度はパッチワークや小物にもどんどん使っていきましょう。                                  でないと、在庫であふれかえってしまいますから・・・(^^;)

いつもありがとうございます →


nice!(0)  コメント(0) 

DMCアンティークのモチーフ集 その2 [小さなアンティーク達]

昨日に引き続き、オクでゲットしたモチーフ集を。。。

                                  昨日のものより1つ前に出されたようです

こちらは割合にシンプルな感じのものが多いですね。

花というよりも緑ものが充実です

このすみれちゃんはツボでした!

裏表紙もやっぱり素敵です♪

                                                                 ただこれはつい、何か変な虫が怨念というか、何か念を送ってるようにしか見えないんですが・・・

気のせいだということにしましょう。

いつもありがとうございます! → 


nice!(0)  コメント(0) 

DMCアンティークのモチーフ集 その1 [小さなアンティーク達]

以前にとあるアンティークネットショップでみかけたDMC社のモチーフ集。                                        その表紙にハートをズキュ~~ンと射抜かれまして、うっとりしておりました。

そのショップでは、印刷された年度にもよるのですが、結構なお値段で売られてました。                                         度々入荷するようで、月に1度は掲載されていたのですが、その都度お小遣いが足らず                                   指をくわえて「見~て~る~だ~けぇ~~」(・・・古すぎ)でした。

ら、オクに出されているのを発見!! しかもすんごい安い!!!!!                                           ってんで画面に張り付いて、無事に落札できました~

これなんですけどね♪

手に入れたのは1951年発行のもの。 古いと1911年くらいだったりします。

                                                        こんな感じで、フリーステッチ・・・というか、せいぜいロングアンドショートステッチぐらいの                                      もので、リネン布に刺されたお花のチャートがいっぱい載ってます。

 結構凝ってるし

                                                               これも細かいステッチもあるけれど、とてもかわいらしい雰囲気が出てますね。

                                                              一番ツボったのはこれ。 こういうボーダー布があったら欲しいなぁ。                                                                 ・・・・って、自分でステッチしないのか???!!

いつもありがとうございます! →


nice!(1)  コメント(2) 

アンティークの食器 [小さなアンティーク達]

久しぶりにアンティークを買いました。 アンティークといってもそんなに古くはなさそうですが。

         

白いシンプルなプレートは、前のオーナーさんによれば大正時代のものだとか・・・                                                    とてもきれいだし、カケや傷もほとんどありません。                                                                 もしかしたらデットストック品というのかも。

フォークスプーンは白い貝でできています。                                                      こちらはどれくらい古いものかはわからないのですが、ちょっと汚れていたりするものの                                     傷などがないので、とてもきれいです。           

最近の天然生活系(?)のナチュラル雑貨のブームの影響か、私もこのごろはシンプルなものに惹かれます。                            おしゃれな方ならこれでブランチとか、なにかデザートをさらっとつくるところでしょうが、                                   なにしろ家事一切が不得意な私なので、時々出しては「ニヤ~~~」と笑ってるという。                                      もう少し成長しましょう!                                  

いつもありがとうございます! 


nice!(1)  コメント(3) 

アンティークのポストカード [小さなアンティーク達]

たくさんある中から選んだとかではなく、たまたま目に留まって買った・・・というのが実際のところなのですが、衝動買いにもかかわらず、私としては「なかなかいいわぁ~」と悦に入っているカード達です。

       

日付を見ると、100年以上前の消印になっています。

       

1枚はお誕生日お祝いするもの、1枚はお元気ですか?的な内容のもの、もう1枚は小さい女の子(かどうかは、実ははっきりしないのですが)が「私の小さい弟はまだあんよができませんが、もうすぐできると思います」といった内容のもの。

当時のそれぞれの方々が、まさか100年経って、自国以外の、どこの誰かもわからない私に読まれているとは、想像したことも無かったでしょう。

多くは書かれてませんが、それだけに今の電話やメールとは違って、短いながらも相手を思って書かれていることはよく伝わってきます。

私はそういうもの、残せてません。 ちょっとそれは寂しいなぁ。。。

 

いつもありがとうございます! 


nice!(1)  コメント(2) 

ティギーおばさんのティン缶 [小さなアンティーク達]

前にもご紹介した、ピーターラビットシリーズのティン缶、残り1つはこれです。

ミセス・ティギーの柄です。

ルーシーちゃんが無くしたハンカチとエプロンを探していてめぐり合った、洗濯屋さんのティギーおばさんのおうち。 ちょっと小さいそのおうちには、いろんな方から頼まれたお洗濯物があって、てきぱきと仕事をこなすティギーおばさんの様子が、とてもかわいらしく描かれているティン缶です。

まえのこねこのトムに比べると状態はとてもよくて、これはそう古いものでもないかもしれませんね。

いずれもイギリス製ということでした。 お菓子が入ってたのかな??

またこのシリーズのティン缶にめぐり合えることが出来たら嬉しいです。

ほんと、アンティークは「縁」ですね。

そういえば、今日の「はなまるマーケット」に、女優の加藤夏希さんが出演してたのですが、彼女の趣味がハンドメイドだそうで、お写真には作りかけのクロスステッチやパッチワークなどが写ってました。 コスモのキットかな? 芸能人でもキットを楽しんでるんだなぁ・・・

さっぱりしてて「水10!」の時からいい子だとは思ってたけれど、今日のこれでますます「いい子だ!!」と。 出来た作品もみせてもらいたいなぁ。

いつもありがとうございます! 


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 小さなアンティーク達 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。