So-net無料ブログ作成
読書日記 ブログトップ
前の10件 | -

月一の読書日記 [読書日記]

我ながら、本読まなさ過ぎ~!(´Д` )

明治人の作法―躾けと嗜みの教科書 (文春新書)

明治人の作法―躾けと嗜みの教科書 (文春新書)

  • 作者: 横山 験也
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2009/07
  • メディア: 新書
当時使用された読本の挿絵がたくさん入ってるので、すいすい読みやすく、
頭に入ってきやすかった。
それにしても日本人って生真面目だよなぁ、が最初の感想。
最初は西洋にバカにされないように、ということから始まったのだろうけど、
ではそれをいかに定着させるか、国家事業として取り組んでたということで。
礼儀作法はその人を表すものの1つだから、もうちっと私も気を付けないと。

少女 (双葉文庫)

少女 (双葉文庫)

  • 作者: 湊 かなえ
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2012/02/16
  • メディア: 文庫
湊かなえは3冊目だけど、だんだんある意味で嫌いになってきた。
女のいやらしい面がストレートに、随所に出てると思う。
同じような独白形式の文章が続くので、誰にでも感情移入しやすいけれど、
どこかで否定もしたくなる。
最後の方は、へぇ、そうなんだぁ~とは思うけど、ミステリーというよりは、
納得していいんだろうかという気持ちが残る。
宮沢賢治の不思議感をもっとドロドロしたような、う~ん、うまく言えない。
私の中での宮沢賢治はピンとくるものが少ないけれど、どういうことだろうと
ずっと考えていたくなる作品ばかりなんだけど、その不思議感というか
考えていたいのが、湊かなえの場合はとにかく否定しないと…と思ってしまうのです。
すみません、意味不明ですね(^^;

酸漿は殺しの口笛―御宿かわせみ〈7〉 (文春文庫)

酸漿は殺しの口笛―御宿かわせみ〈7〉 (文春文庫)

  • 作者: 平岩 弓枝
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2004/11
  • メディア: 文庫
月一の病院通いは2箇所あって、ちょうどサイクル的にその2箇所が
1週間違いなのですが、2箇所の待合室で読むとだいたい3分の2くらい進みます。
1箇所は血液検査待ちで1時間ちょっと、もう1箇所は普通に30分くらい待つので、
本がないと退屈で。
結末としては大体予想通りになるけど、結末自体はさらりと、でも探索中のことは
細かに描かれてるので、頭の中で映像化しやすい。
やっぱり高島礼子・中村橋之助バージョンです(^^;
今度の真野響子さんの新作も早く見たい!
本日無事に48歳となりました。
残りの人生があと30年も無いと思うと、やり残したことばかり。
実母がこの歳にはもっと人として上だったよなぁと反省。
100_5963.jpg
最近、鉛筆を削るのが楽しくて。
ヘキサゴンの印付けで結構な量をこなしまして、こまめに削るので減りも早いです。
ここまで使ったんだから、捨ててもいいよね・・・
と思いつつ、こうなったら極限まで使いきってやろう、と余計なところで燃えたりして。
鉛筆、実母が保管してたやつ、ドラ息子のやつを合わせると、200本以上はあります。
死ぬまでに使いきれるかしら(^^;


コメント(2) 
共通テーマ:

久々の読書日記 [読書日記]


読書しようしようと思いつつ、ほんと活字に目を向けることが激減。
積ん読、いやそれ以前に買ってない。いけません。
amazonのウィッシュリストが増える一方(^^;

最近読んだのは

大江戸の姫さま (角川選書)

大江戸の姫さま (角川選書)

  • 作者: 関口 すみ子
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2005/08/27
  • メディア: 単行本


    思ったほどはお姫様の日常のお話は少なめで、「格」やら輿入れで利用された
    お姫様の例が後半はほとんど。

    あまり記録に残りづらいのかも、姫さまって。

    あとは夫の入院中に古本屋でたくさんシリーズを入手したもの

    幽霊殺し―御宿かわせみ〈5〉 (文春文庫)

    幽霊殺し―御宿かわせみ〈5〉 (文春文庫)

    • 作者: 平岩 弓枝
    • 出版社/メーカー: 文藝春秋
    • 発売日: 2004/09

    メディア: 文庫

    雨月―御宿かわせみ〈17〉 (文春文庫)

    雨月―御宿かわせみ〈17〉 (文春文庫)

    • 作者: 平岩 弓枝
    • 出版社/メーカー: 文藝春秋
    • 発売日: 2005/12/10
    • メディア: 文庫

      私はテレビで見たほうが先だったのですが、いまのところ、
      高島礼子・中村橋之助バージョンが浮かんであてはめちゃいます。

      全部揃えたらすごい量になるけど、これはすいすいっと読めますね。
      ちょっと古い…というか、江戸情緒にあふれた言葉遣いがよく出るので
      想像も膨らみます。

      「御宿かわせみ」は今度、真野響子さんの「るい」で、新シリーズの話が
      ドラマ化されますね。
      楽しみです。

      それにしても、もうちょっと本を読みましょう!
      アマゾンのウィッシュリストも少し減るように…(^^;


      コメント(0) 
      共通テーマ:

      一気に読んじゃった本 [読書日記]

      最近は10日に1回のブログです[あせあせ(飛び散る汗)]
      ちょっと体調悪い日があって、つくづく更年期って厄介だわ。

      キルトはチョビ黒に齧られたキルト芯の修復とボーダーのしつけが終わって、
      ただ今、パターンとボーダーの境に落としキルト中。
      今日中には終わって、今度はボーダーの縄状のラインのキルトに入ろうというところです。

      お義母さん宅も含めてジャングルと化した庭や塀の蔦を、毎朝1時間ほどかけてお片づけ。
      目処が立ったら庭師さんに木を大小10本ほど切ってもらう予定。
      ギリギリまでは節約のために私がやる予定。
      引き取ってもらうだけで1本1万とかかかることもあるらしいので、
      大分かかりそうなら切るのだけやってもらって、地味に可燃ごみと粗大ゴミに出す。
      これまでに既に4本、そうやって幹以外は処分してきた。
      あとは4~5mになってて自分で切るのは流石に危ないので、本職にしてもらおう。

      ああ、お義母さん宅内のお片付けもひと仕事だ。
      断捨離というか捨てまくりをしないといけない。
      鬼嫁は進めますよ~~[パンチ]

      実母のマンションも年内には全て片付けて、賃貸へ。
      とっておきたい荷物はお義母さん宅に置かせてもらうけど、ほんと、厳選しないとね。

      気力があまり湧かずにいて、普通の人ならひと月もあればできることを年単位でかけてる。
      そういう時は無理をしないほうが良いと、昨年の今頃、しみじみと感じた。
      家族に迷惑かけられないもんね。
      ゆっくり生きましょう。

      そんな中、一気に読んだのはこれ。

      女の人でないと書けない文章だと思うところが随所に。
      イライラしながらも一気に読んじゃいました。
      救いをどこに求めたらいいのかわかりませんでした。
      良幸の行動? 啓介? 誰?
      なんだか2チャンネルに毒された自分がいました[バッド(下向き矢印)]


      コメント(0) 
      共通テーマ:

      たまには読書 [読書日記]

      またまたすっかりごぶさた。

      ネットは毎日やってるんですが、ブログネタにできるものが何もなく(^_^;)
      つい更新が空いてしまいました。

      星のキルトは無地部分がほぼ終わりました。やっと…orz
      ただボーダー部分がカットクロスを継ぎ合わせたものだったためか、
      縦方向にたるみが出てしまったり、
      チョビ黒さんの「齧り」でキルト芯がまだらになってるので
      その部分の修復作業が必要で、そういった修正がこれからの課題です。

      来月にはインターナショナルキルトフェスティバルin横浜が始まりますね。
      サークルの先生が和のキルト部門でグランプリ、また先輩が創作キルトで入選されました!
      ほかの方でもこれまでに部門別でコンテストで賞を獲られてますので、
      とってもレベルの高いサークルです。

      そんな中、超初心者の私・・・(^_^;)
      いちいちすべてが勉強です。
      次にやりたいキルトも大体の路線は決まってます。
      というか、スクラップキルトに近いものですが、ヘキサゴンの勉強がしたくて。
      配色もあまり考えずにすむ(?)、リバティを使ったものにしようと思ってます。

      さて、ブログネタがないので、ちょっと前のものですが、読書日記をメモとして。

      f植物園の巣穴 (朝日文庫)

      f植物園の巣穴 (朝日文庫)

      • 作者: 梨木 香歩
      • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
      • 発売日: 2012/06/07
      • メディア: 文庫

      誕生日の時に、高校の同級生からプレゼントされた本です。
      彼女は学生時代からかなりの読書家でして、私なぞはかなり偏った
      傾向でしか読めないので、彼女が選んだ本はとても新鮮でした。

      どういったらいいのかな、とても不思議な感覚を呼び起こすような文体で、
      でもその実、植物や生物の形態に造詣が深い内容で、
      勝手な私の感想としては、綿の国星と中勘助と夏目友人帳を足して割ったような、
      (一体、どんな把握の仕方だ!)
      不思議な時間が流れてるような内容でした。

      そういえばこの頃、小説なんてほとんど読んでない。
      読めない…orz
      ドラ息子の読書量の無さは、ひとえに私に似てしまったからで。
      ダンナは仕事ものから趣味教養、小説と幅広く読んでるんだけどねぇ。

      老兵の進軍ラッパ (文春文庫)

      老兵の進軍ラッパ (文春文庫)

      • 作者: 佐藤 愛子
      • 出版社/メーカー: 文藝春秋
      • 発売日: 2011/11/10
      • メディア: 文庫

      高校2年くらいから佐藤愛子さんのエッセイが大好きで、
      今でも思い出したように時々読み返します。

      これは久しぶりに買ったもの。
      読み終わるとスッキリするから好きなんです。

      私の開き直り癖(?)は、佐藤愛子さんの真似がしたくて失敗してる悪い例です

      今読んでるのは

      日本の歴史をよみなおす (全) (ちくま学芸文庫)

      日本の歴史をよみなおす (全) (ちくま学芸文庫)

      • 作者: 網野 善彦
      • 出版社/メーカー: 筑摩書房
      • 発売日: 2005/07/06
      • メディア: 文庫

      中世から以前の歴史は食わず嫌いしてるので、ちょっと反省して…と
      買ってみたのですが、やっぱり苦戦中。

      わたしってどうしてこんなに頭が悪いんだろう。
      一度読んだくらいじゃ、ちっとも頭に入んない…(´;ω;`)

      もう一度、大学生をやり直したい病に罹ってます。
      ドラ息子がそろそろ大学受験モードに入ってるからかもしれませんが。
      あれこれ進路や入試概要などを調べていると、ああ、私ってほんと勉強してない・・
      なんにも身に付いてない、もっと勉強しておけばよかった・・・と後悔の嵐。

      ドラ息子がうまく第一志望に入ってくれたら、いろいろやり直したい勉強、
      参加してみたい講座がわんさかあるので、何かしらはじめてみようと思います。

      さて、気持ちばかり逸るのが常なので、有言実行できるようにしましょう!


      コメント(0) 
      共通テーマ:

      春の物欲 [読書日記]

      ベッドカバーサイズのキルティングに格闘中。                                                            なかなか進みません。

      もう3月も終わろうと言うのに、冬に戻ったような寒さがまだ残ってますね。                                                  明後日くらいからまた気温もぐんぐん上がるそうですが。

      もう春はそこまで。

      最近買ったのは

      この中の桜と萩のタペストリーがツボでした。                                                             アップリケも勉強したいなぁと。

      【送料無料】giorni (ジョルニ) 2012年 04月号 [雑誌]

      【送料無料】giorni (ジョルニ) 2012年 04月号 [雑誌]

      • ショップ: 楽天ブックス
      • 価格: 980 円
      • それからこれ。
      • 最近気になって仕方ない「French General」の布やオーナーさんの
      • 話が載ってるというので買ってみた。
      • ツボ~~~~~~~~~~~~~~~~[ハートたち(複数ハート)][グッド(上向き矢印)][揺れるハート]

      9月に広島であった宮崎順子さんのレッスンに行った時に買った中にも                                                   「French General」のもあった。

      他にも欲しいものだらけ~。

      直接ネットショップから買おうかとも思ったけど、                                                         直接見た方がいいからなぁ。 どうせお店に行くし。

      ええ、そうです。実は行きます。                                                                       いや、アメリカじゃありませんよ[あせあせ(飛び散る汗)]  福岡にです。

      今週末の土日に佐賀で中学の時のブラスバンドの同窓会がありまして、                                          久しぶりに佐賀へ里帰りでして。

      正確にいえば、もう実家がほぼ100%売却になりましたので、                                               「里」は無いんですが、まだギリ私名義なんで[わーい(嬉しい顔)]いいっか。

      最後に家を見てきます。 本当のお別れです。                                                             母ちゃん、一緒に行こうぜ!                                        


      コメント(2) 
      共通テーマ:趣味・カルチャー

      片付かない・・・ [読書日記]

      当初は2月中に・・・なんて思ってたけど、なかなか進まない、                                     実母のマンションのお片づけ。

      ちょっともったいない衣服はリサイクルへ持っていったり、                                              どうしても捨てがたいものはちょっと切り抜いてアルバムみたいにしたり、                           

      そんなことちまちまやってるから進まない!

      ええい、もう3月中でいいや!

      最近ほとんど読書というものをやってない。                                                  あれこれをうまく同時にこなすということができない性質なもんで、                                   もう少し「両立」とか「平行」とかをみにつけないといけませんね

      もう50歳も近いというのに、これじゃぁ・・・[もうやだ~(悲しい顔)]

      近くの古本屋にはとびとびでしか揃ってないので、久しぶりに本屋で購入


      ついこの前まではひたすらにダブルウェディングリングの仕上げに                                没頭していたので、久しぶりの読書はかえって頭に入りにくい。
      どうも切り替えモードも老化してるらしい・・・[バッド(下向き矢印)][たらーっ(汗)]



      コメント(0) 
      共通テーマ:

      残暑お見舞い申し上げます [読書日記]

      気が付いたら一か月もあいてしまいました。

       

      すっかりご無沙汰しておりました。                                                      基本的には元気でした。 多少夏バテしましたが。                                     朝夕の庭仕事で日焼けしまくりです。 日焼け止めが効きません[もうやだ~(悲しい顔)]

      ご近所数件をお得意さんとしてる庭師さんに頼めばいいんだけど、                               この家に引っ越してきた時から、ちょこちょこムッとするようなことばかり続いたので                     今年の春の消毒も夏の剪定も「結構です」と断ってしまいました。

      よって高枝ばさみを片手にすこ~~~~~~~~~しずつ、本当に少しずつ                             我流でお手入れ中。

      しかも認知症がすっかり進んでしまったお義母さんは、もう庭の手入れができません。                  ごくたまに枯れ葉を拾うくらいで、それを捨てることももちろんできません。                               様々な庭木や野草でいっぱいだったお義母さん宅のお庭も、                               もう水遣りさえできないために、すっかり茶色が目立つように。

      なんとか水遣りだけは私がお義母さんがデイへ行っている間にやりますが、                      1時間も外に出れば、もうばてばて。 汗が滝どころか鉄砲水のように出て、                       たった1時間やっただけで、もう後は夕方3~4時までは何もできないくらいに                      疲れてしまいます。

      情けない~~。 プレ更年期障害もあるし、夏は使いものにならない私です。

      我が家の方も含めて、半年計画でお庭をなんとか整理しようと思ってます。

      さてそんな調子なので、ハンドメイドはもう1カ月以上針を持ってません。                             トマトのサンプラーも放りっぱなし。 次はこれ・・・と待ち構えてるキットは山積み。               今年は馬車馬になろう・・と思ってたのが、ただの狼オバさんです。 トホホ。

      では一体何をしていたのか・・・                                                 果てしなく寝てました。 ただひたすらに。 何時間寝ても足りない。                          あとはネット三昧。 すっかり依存症です。

      楽になったことがたくさんあるのに、すっかりそれに甘えてしまってて、                        ちょっとしたことがかなりのストレスになってしまってます。

      もうちょっと涼しくなったら、気合いを入れ直したいと思います。

       

      さて、最近は本を読めなくなってる私です。 さくさく読めたのはこれ。

       

      へぇ~、そうなるのかぁ。 東吾さん・・・[たらーっ(汗)]                                                   今のところ、「るい」は高島礼子さんバージョンにスイッチが入ってます。

      「新」の方、ドラマ化するとしたら、誰が誰をやるんだろう・・的な。                             もうちょっと文字も追いましょう・・・!!

       

      週末は3年ぶりに家族3人で小旅行@広島zoomzoomスタジアム。                     旅行というより、単に野球観戦なのですが。                                              砂被り席が取れたので、ドラが「うまいこといったら、小笠原のサインくらい・・」                             

      ・・・・無理だってば![パンチ]                        


      コメント(0) 
      共通テーマ:

      何を隠そう、鉄子だ! [読書日記]

      別にこれまでも隠したことはないのだけれど、私はいわゆる「鉄子」だ。

      たぶん、小学生の頃に兄が鉄ちゃんだったことが影響してると思う。                                     「鉄道ファン」や硬券、新幹線の博多開業の切符を大切にコレクションしていた兄。                          小さい時にはマイカーがなかったので、どこか遠くへ行くときはほとんど「汽車」に乗って                         行くしかない。                                                                    駅弁買って、母や兄と一緒に万博へ行ったのが、最初の鉄道の思い出。

      中学に入ると、「おひとりさま」的な行動をとるのが好きになって、                                  佐賀~鳥栖くらいは独りでふらっと電車に乗って、鳥栖駅で立ち食いうどんを食べて                      また戻る。 そんなことをよくやってた。

      大学で「鉄研」に入ったのは、たまたまコンパで隣に座った男の子に誘われたから。                  そういえば、私、鉄道に乗るの好きなんだよねぇ・・・・って。

      それが鉄道ファンというのは、こんな「濃い」ものだとは知らなかったけれど、                         文字通り鉄道で日本縦断したこと、今は廃止になったり第3セクター化した路線で                         まだ国鉄、もしくはJRの路線だった箇所をのんびり風景を楽しみながら乗ったこと。

      そんなこんな、今頃になってとても懐かしい思い出になってます。

       

      酒井順子さんが私と同じような感覚で鉄道を楽しんでいるのをはじめて知りました。                       ドラ息子も、特に教えたわけでもなんでもないのに、2歳前からプラレールが大好き。          初めて買ったプラレールの基本セット、手渡したらずっとそのまま、                               デパートから家までの道のり、ずっと自転車の補助席でにこりともせず、                           眉間にしわ寄せて大事に持ってたこと、つい昨日のように思い出されます。

      ああ、どっか電車に乗って、ふらっと行きたいなぁ。


      nice!(0)  コメント(0) 
      共通テーマ:

      同じだぁ! [読書日記]

      明治天皇の一日 皇室システムの伝統と現在 (新潮新書)

      明治天皇の一日 皇室システムの伝統と現在 (新潮新書)

      • 作者: 米窪 明美
      • 出版社/メーカー: 新潮社
      • 発売日: 2006/06/16
      • メディア: 新書

      今読んでいる本は↑です。

      明治天皇というと、軍服姿の質実剛健的なイメージがあるのですが、                                          やはりそこは「宮中」、雅な面もあるわけでして、この本ではその面が特に詳しく書かれています。

      実は天皇も「手芸」を楽しんだということで驚いているのですが、                                               その中に女官だった人の著作からの引用で、こんな一文がありました。

      「昔から勅作の人形とか、勅作の何々とか、代々の天皇がお残しになったものが                                               たくさんあるのだが、使うこともならず、捨てるわけにも行かず、後の者が困るから、                                                    わしは下手な細工など残したくはない」

      え~~~~っとぉ、それはワタクシに対しておっしゃっておられるのでしょうか・・・[もうやだ~(悲しい顔)]                                        まぁ、お上の品となると確かにおいそれとは処分できませんが、                                             世の中にはアンティークという、実に便利な(?)分野もありまして、                                                          たとえ50年くらいだったらただの中古品であっても、100年くらい経てば                                           今だってアンティークのサンプラーが大事にされてるみたいに、                                                              我がS家の末裔にとって、ちょっとしたお小遣い程度には・・・・・

      ならんわいねぇ・・・・。 いいの、ハンドメイドは私の癒し&薬だから。 ホホホ。

       


      nice!(0)  コメント(0) 
      共通テーマ:

      ステッチだって忘れてないけど [読書日記]

      今はパッチワークモードですが、クロスステッチにだって萌えます。
      刺しゅう図案帖

      刺しゅう図案帖

       

       

      いつも素敵だなぁ・・・と思っていたショップのオーナーさんが出された本。                                                         萌え~~~

       

      こちらもブログでもよく覗きに行く方の作品も載ってました。                                                     自分でデザインできる人、本当に尊敬します。

      キルトジャパンも今月号を買ったのですが、日本手芸普及協会が主催する                                            刺しゅう講師養成講座の募集記事が載ってました。

      今までも通信講座的なものをちょっとしてるのですが、こういう講座がもし近くに、                                           四国や広島ぐらいなら、絶対に参加してきちんと目で確かめ、疑問があれば教えてもらい                                      そして自分のレベルを直に判断してもらう機会が欲しい・・・と、ないものねだり。

      自己流だから自信がないんだよねぇ・・・ 唯でさえ不器用の下手の横好きだしなぁ。                                     物理的にはしばらくは無理だけど、ハンドメイド方面の教室にしっかり通ってみたい。

      しばらくは自己流でもなんでも、きれいなものや上手な方の作品に多く触れ、                                             少しでも腕とセンスを磨きましょう!


      nice!(0)  コメント(2) 
      共通テーマ:趣味・カルチャー
      前の10件 | - 読書日記 ブログトップ

      この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

      ×

      この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。